発売前のiPhone 12が大量販売!中国深センの魅力

中国の深センでは、iPhone 12の発売開始に先駆けてiPhone 12が大量に販売されているという。

一体どういうことか?というと、実はこちらの中身はiPhone 11。

iPhone 12っぽい外装パーツに、iPhone 11の中身をそのまま移植したもの。

ModifyiPhone11 to iPhone12

いわゆるMODケース。
本物のパーツを流用しているのか、質感はそんなに悪くないですね。一昔前のニセiPhoneと比べると全く違います。今はニセiPhoneも本物のパーツを使って、めちゃくちゃ精巧(外見だけは)に作られているものが多いですけど、これは中身も本物だし。

iPhone 11なのでMagSafeには対応してないけど、使うだけならこれでも十分でしょ。

手持ちのiPhone 11を改造してiPhone 12(っぽい外装)にしてくれるサービスもあって、その場合は42ドルでやってくれるのだそう。工賃込みなら、なかなかお手頃価格ですね。

iPhone 11を1年間使ってそろそろデザインに飽きてきた頃、iPhone 12に買い換える程の余裕は無いけど、こういうMODケースで気分をリフレッシュさせたいというニーズもあるんでしょう。

工場からの横流しパーツっぽいしAppleのロゴマークをモロに使ってるし、今の日本じゃまず無理な商売です。

関連するエントリー

 Amazonプライムビデオ無料30日間

月額500円でプライム会員になれば、会員特典対象の映画やドラマ、アニメ、Amazon Original 作品が見放題。見なくなったらいつでもキャンセルOK。