AnkerからiPhone 12対応製品が登場、MagSafe充電器は純正より10ドル安い!

Anker 2021 newlineup 04

Ankerから新しく登場する予定のiPhone 12向けの周辺機器が発表されました。

まずは、こちらのカラフルなLightning to USB-Cケーブル。

iPhone 12の本体カラーと調和するカラーバリエーションで、耐荷重100kgのタフネスケーブルでありながら、しなやかで絡まりにくいという、まさに「ちょうどいい感じ」のケーブル。Lightningコネクタの部分がちょっと高級感があるのもポイント。

製品名は「PowerLine III Flow USB-C with Lightning」で、価格は90cmが21.99ドル、180cmが24.99ドル。

そして、待望のMagSafe充電器が1月中旬に登場します。

すでに発売されている「PowerWave Magnetic Pad」は、磁石でiPhone 12にくっついてワイヤレス充電ができるというだけでMagSafe充電器ではありませんでしたが、新しく登場する製品はちゃんと15WのMagSafe充電が行えます。

Anker 2021 newlineup 03

価格は20.99ドル〜25.99ドルで発売予定。

Apple純正のMagSafe充電器は39ドルなので、それより10ドル以上安くてお手頃。

またこの他、iPhone 12のMagSafe関係の新製品としては、磁石で吸着できるモバイルバッテリーもあります。

Anker 2021 newlineup 01

内蔵されている磁石でiPhone 12シリーズを吸着して、ワイヤレス充電が行えるというモバイルバッテリー。容量は10000mAhで、価格は37.99ドル〜51.99ドル。2月頃に発売予定。

ただ、こちらはMagSafeではなくQiワイヤレス充電になるので、7.5Wでの充電となります。

関連するエントリー

 Rakuten UN-LIMIT

先着300万名を対象に1年無料の楽天モバイルRakuten UN-LIMIT。楽天回線エリアならデータ通信使い放題、電話かけ放題。パートナーエリアでも月5GB、さらに超過後でも1Mbpsの速度で通信できます。