iOS 14.5の新機能、Siriでの音楽再生時サードパーティアプリをデフォにできる機能を試す

iOS 14.5から追加されるちょっとした新機能として、Siriのミュージックアプリ選択機能があります。

Siriに対して「○○を再生して」と伝えると、Apple Musicを強制することなく、ユーザーが好むサードパーティのミュージックアプリを起動して音楽を探してくれるというものです。

毎回、音声でアプリを指定しなくても自動でそのアプリで音楽を再生してくれるので、音声操作を簡素化することができます。

この新機能をベータ版のiOS 14.5を使って試してみました。

IOS14 5 siri musicapp 03

まず初回は、どのアプリを使うか訪ねてきます。

リストアップされるアプリはすべてのミュージックアプリというわけでは無いようで、ここにAmazon Musicはリストアップされていません。あちらはAlexaを使うから、競合ということでスルーしているのか?

とりあえず、Spotifyを選択しました。

すると・・・

なぜかApp StoreでSpotifyを検索。

なぜ?

IOS14 5 siri musicapp 05

App Storeを閉じて再び試してみます。

Siriを起動して「90年代ヒップホップを再生」と命じると・・・

IOS14 5 siri musicapp 04

上手くいきました!

SiriからダイレクトにSpotifyでプレイリストの再生が開始。

「Spotifyで・・・」という部分を省けるだけですけど、それなりに楽ですね。

IOS14 5 siri musicapp 06

「すんごい曲を流して」

漠然とした内容だと無理みたい。

じゃあ「今ヨーロッパで流行している曲を流して」と伝えてみたところ・・・

IOS14 5 siri musicapp 02

ウソつけ!!

というわけで、このイレギュラーさが面白くも面倒臭くもあるSiriですが、iOS 14.5以降はSpotifyなどのサードパーティ製ミュージックアプリをデフォルトのアプリにして使えるようになるという話でした。

今回試したのはiOS 14.5ベータ版なので、正式リリース版ではまた変更が加えられる可能性もあります。

関連するエントリー

 Rakuten UN-LIMIT

1GBまで0円、3GBまで1,078円(税込)、20GBまで2,178円、20GBから無制限で3,278円(税込)の神プラン。楽天回線エリアならデータ通信使い放題、電話かけ放題。パートナーエリアでも月5GB、さらに超過後でも1Mbpsの速度で通信できます。