新型Apple TVは4K@120Hzのリフレッシュレートに対応(現行モデルは4K@60Hz)

Newappletv hdmi2 1 120hzsupport

今後登場する新型Apple TVは、4K@120Hzのリフレッシュレートに対応するかも。

この所、あまり話題性がないApple TVですが、新型Apple TVについての新情報が久々に出てきました。

9to5Macの記事によると、先日リリースされたtvOS 14.5ベータ版の内部コードから、「120Hz」「supports 120Hz」という文字列が発見されたということです。この文字列は、Apple TVのインターフェイスを制御するシステムファイルに複数追加されていることが発見されたということから、120Hzのリフレッシュレートをサポートする事を示唆していると考えられています。

tvOS 14.5より、120Hzのリフレッシュレートがサポートされることになるとして、問題はその対応機種です。

現行モデルのApple TV 4Kには、映像出力としてHDMI 2.0aポートが搭載されていますが、HDMI 2.0aは規格上4K@60Hzまでしかサポートされておらず、現行のApple TV 4Kでは、ハードウェア的に4K@120Hzに対応することはできません。

4K@120Hzに対応するにはHDMI 2.1ポートを搭載する必要があるということから、新型のApple TV 4KまたはApple TV 8Kが登場することが予想されています。

  • HDMI 2.0a:4K@60Hzに対応
  • HDMI 2.1:8K@60Hz、4K@120Hzに対応

登場が予想される新型のApple TVは、Apple TV 11,1の識別子を持ち、A12 BionicチップとHDMI 2.1ポートを搭載すると言われています。

120HzをサポートするTVやモニターが必要になること、コンテンツ側の対応が必要になること、メインコンテンツとなる映画やドラマでは120Hzは必要ないことなどを考えると、新型Apple TVで120Hzの恩恵を受けることができるユーザーは限られます。

関連するエントリー

 格安スマホSIMのUQ Mobile

くりこしプランMは2,480円(税込2,728円)でデータ容量15GB、余ったデータは翌月繰越、節約モード時でも1Mbpsの速度が出る!