ジャパンネット銀行からPayPay銀行へ、どう変わった?変更点をチェック!

Paypaybank

さて、いよいよ「ジャパンネット銀行」が「PayPay銀行」へと名称変更されました。

どう変わったのか?

まず目につくのが、Webサイトやアプリのデザインが大幅に変わった事です。

「ジャパンネット銀行」のWebサイトにアクセスすると「PayPay銀行」のWebサイトに自動転送されるようになっていて、従来のお硬いイメージとは真逆のスマホ向けデザインに変わっているので、最初はちょっと戸惑うかも。ただ、ログインページからは従来の「ジャパンネット銀行」と大きく変わっていません。ドメインもjapannetbank.co.jpのままです。

そんな感じで名前やトップページのデザインは変わりましたが、機能面では「ジャパンネット銀行」と同じです。

その他、気になるポイントをまとめました。

ATM手数料

  • 入・出金手数料:毎月1回は無料
  • (2回目以降)利用金額が3万円以上:無料
  • (2回目以降)利用金額が3万円未満:165円(ゆうちょ銀行は330円

ネットバンキング振込手数料

  • PayPay銀行の口座への振込:0円
  • 他行への振込(3万円以上):176円
  • 他行への振込(3万円未満):275円
  • 本人名義の三井住友銀行への振込:0円

振り込み

  • 銀行名は「PayPay銀行」に変わる。
  • 銀行コードや支店名・支店コードの変更は無い。
  • 2021年7月2日までは移行期間として「ジャパンネット銀行」で振り込んでも「PayPay銀行」として変換されるようになっている。移行期間が終了する2021年7月3日からは、「PayPay銀行」でしか振り込めない。

サービス

  • キャッシュカードはそのまま使える。
  • トークンはそのまま使える。
  • Visaデビットはそのまま使える。
  • ジャパンネット銀行の各種アプリは今後も継続(一部アプリはデザインなどの変化あり)。
  • PayPay残高への入出金手数料が0円

移行期間の7月2日までは「ジャパンネット銀行」のままの情報でも振込や口座自動振替、引き落としなどは正常に行われるということですが、金融機関によってはエラーが出ることもあるとのこと。

銀行名は変わりますが、銀行コードや支店コード・支店名は変わらないので、銀行コードを入力している振込情報については問題は無いでしょう。ただ、ネットですぐに変更できるものについては、「ジャパンネット銀行」から「PayPay銀行」へ変更しておく方がいいでしょう。

 

めんどくせえぇえええええええ!!!

関連するエントリー

 Amazonプライムビデオ無料30日間

月額500円でプライム会員になれば、会員特典対象の映画やドラマ、アニメ、Amazon Original 作品が見放題。見なくなったらいつでもキャンセルOK。