VisaカードがApple Payに対応、QUICPayと使い分ければそれなりに便利に

ApplePay Visa 02

Visaカードが日本でもApple Payに対応しました。

あれ?

Visaって前から対応してなかったっけ?と思ったら、あれはQUICPayでした。

5月11日以降より、ウォレットアプリに登録しているVisaカードは自動的にApple Payで使えるようになります。(カード会社によっては利用開始のタイミングが異なる場合あり)

2021年5月現在、Apple Payに対応するVisaカードは以下の通りです。

Apple Payに対応するVisaカード

  • アプラス
  • SMBCファイナンスサービス
  • NTTドコモ
  • エムアイカード
  • クレディセゾン
  • ジャックス
  • 三井住友カード
  • 楽天カード

ApplePay Visa 01

すでにウォレットアプリに登録済みのVisaカードは、そのままで使えます。

まだ試していませんが、アプリからのApple Pay支払いにも使えるということでいいのかな。ということなら、Apple Payに対応しているアプリなら、クレジットカード情報を登録しなくてもいいようになりますね。

QUICPayが使える所はQUICPayで支払い、アプリでの支払いはApple Payでという使い分けでいいでしょう。

関連するエントリー

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料で!