7月のアマプラは「ジョーカー」「トップをねらえ!」「新聞記者」「ブレラン2049」など名作揃い!

Primevideo julycontents

Amazonプライムビデオで7月に追加される配信コンテンツが発表されました。

7月はいよいよ「ジョーカー」が配信されます!
アマプラで配信されるのを心待ちにしていた方も多いんじゃないでしょうか?

その他にも注目作品がいくつかあり、「トップをねらえ!」「ブレードランナー2049」「新聞記者」などの気になる作品が配信されます。また、7月に放送されるアニメ27作品も配信されます。

7月の追加作品から注目作品を抜粋↓

7月8日配信

「ジョーカー」:ゴッサムシティに住む弱者男性のホアキン・フェニックスがジョーカーに変貌していくまでを描いた、これまでのバットマンシリーズとはちょっと違う名作。

7月13日配信

「トップをねらえ!」:エヴァを生み出したガイナックスの名作ロボットアニメ。エバーの100倍面白くて感動する。

「トップをねらえ2!」:続編だが全く別物。ゲームで言えばFF10とFF10-2くらい違うので別に観なくても良い。途中から宇宙怪獣が出てきて雰囲気が一変する辺りが唯一のみどころ。

7月18日配信

「アド・アストラ」:ブラピ主演のSF映画。地球外生命体の探索に旅立った父親が消息したので探しに行くストーリー。

7月23日配信

「犬鳴村」:呪怨の清水崇監督が、福岡県に実在する心霊スポットを舞台に描くジャパニーズホラー。実際にある旧犬鳴山トンネルは立入禁止になっていて、入るとすぐに警察が来てタイーホされる別の意味でホラーな場所なのだが、映画なら安全に観られるので、そういう意味で見る価値がありそう。

「ブレードランナー 2049」:SF映画「ブレードランナー」の続編。主演はライアン・ゴズリング、前作の主役だったハリソン・フォードも出ている。IMDBでは8点の高評価。

7月28日配信

「新聞記者」:韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演を務める社会派サスペンス。日本アカデミー賞 最優秀作品賞。松坂桃李といえば、広島版の昭和アウトレイジ「孤狼の血」も必見。

 Amazonプライム・ビデオ

関連するエントリー

 Rakuten UN-LIMIT

1GBまで0円、3GBまで1,078円(税込)、20GBまで2,178円、20GBから無制限で3,278円(税込)の神プラン。楽天回線エリアならデータ通信使い放題、電話かけ放題。パートナーエリアでも月5GB、さらに超過後でも1Mbpsの速度で通信できます。