機能強化されたiOS 15の「探す」は電源OFFでも追跡可、置き忘れると通知

IOS15 sagasu 01

「iOS 15」の「探す」では、デバイスの追跡機能がかなり強化される。

具体的には、デバイスの電源を切った状態(オフライン)でも追跡ができるようになるのと、さらには、デバイスのデータを消去されても追跡が可能になるということです。

早速、デベロッパベータ1でチェックしてみたところ、その機能は確認できませんでした。

もしかしたら、追跡するデバイスにも「iOS 15」を適用していないといけないのかも。

バッテリーが残り少ない状態でデバイスを紛失してしまい・・・そのままバッテリーが切れたとしても追跡可能というのは安心感があります。

データを消去、つまり初期化しても追跡可能という技術は、普通に以前から実装されていたと思いますが、それが一般ユーザーにも開放されるということで、盗難の抑止力に繋がるでしょう。盗んでも追跡されるという懸念があるので、そういう機能を知らないアホ以外は盗まなくなるでしょう。

また、「iOS 15」の「探す」には、デバイスが手元から離れた時に通知する機能も追加されています。

IOS15 sagasu 02

離れると通知が来るので、忘れる心配はありません。

この通知機能は、AirPodsやAirTagでも使えるので、AirPodsを置き忘れたりAirTagを取り付けた鍵を紛失する可能性もグッと下がります。

というわけで、かなり機能が強化されることになった「探す」。

これらの新機能だけでも、「iOS 15」にアップデートする理由の1つにはなりますね。

関連するエントリー

 格安スマホSIMのUQ Mobile

くりこしプランMは2,480円(税込2,728円)でデータ容量15GB、余ったデータは翌月繰越、節約モード時でも1Mbpsの速度が出る!