スマートタグの後継モデルAirTag 2は2025年まで登場しない

当サイトの記事には広告が含まれます。

Airtag2 2025

2024年後半に登場が予定されていたAppleのスマートタグAirTag 2の発売が、2025年に延期されることになったとアナリストのMing-Chi Kuoさんが伝えています。

延期の理由は明らかにされていません。

AirTagは、紛失したり盗まれたりしたアイテムを見つけるための小型の追跡デバイスとして人気の製品です。8月時点の情報では、2024年の第4四半期より後継モデルのAirTag 2の量産が開始されると報告されていました。

機能面では、MRヘッドセットのVision Proを使った空間コンピューティングにも対応するといわれています。

デザインや仕様の変更については不明ですが、空間コンピューティングへの対応で新しいチップが追加されることになるため、販売価格がややアップするかもしれません。

スピーカー音量のアップにも期待したいところです。

関連するエントリー

PR

U-NEXT