iOS 15/iPadOS 15/watchOS 8は空き容量が500MB未満でもアップデート可能に

IOS15 iPadOS15 500MB 02

iOS 15 / iPadOS 15 / watchOS 8のベータ3がリリースされました。

アップデート内容はバグ修正ということで特筆すべき変更点はないな・・・と思われましたが、ちょっと意外な新機能が追加されています。

iOS 15 / iPadOS 15 / watchOS 8のリリースノートに記載されているアップデート内容によると、デバイスのストレージ容量が500MB未満でもソフトウェア・アップデートが実行できるようになったというのです。

ソフトウェアアップデートに必要なストレージ容量が500MB以下?

リリースノートにもしっかり記載されています。↓

IOS15 iPadOS15 500MB 01

通常、iOSやiPadOSのメジャーアップデート時のソフトウェアアップデートの容量は4.5GB前後あります。

それが500MB未満でもアップデートできるようになるというのは、どういう仕組みなんだろう?分割で処理するんでしょうか。

それとも、アップデートファイルをダウンロードした状態で空き容量が500MB未満ということでしょうか?

この機能は主に、ストレージ容量の少ないApple Watch Series 3をwatchOS 8にアップデートできるようにするための変更だとみれていますが、watchOS 8だけじゃなくてiOS 15やiPadOS 15にも同様の変更が加えられています。

iPhoneやiPadでもストレージ容量が少ないモデルを使っているユーザーにとっては、アップデートのために動画やアプリを整理する必要がないので、ありがたいアップデートとなりそうですね。

関連するエントリー