iOS 15.1ベータ版でShare Playが実装される、正式リリースは秋予定

Ios15logo

早くも、iOS 15.1iPadOS 15.1のデベロッパベータ版がリリースされています。

iOS 15とiPadOS 15が正式リリースされた翌日にリリースされた今回のバージョンでは、バグ修正の他に、iOS 15 / iPadOS 15では実装されなかった新機能の「SharePlay」が追加されています。

Share Playは「FaceTime」で使える新機能で、FaceTimeで通話しながらApple TV+のドラマや映画、Apple Musicの音楽などを画面共有して一緒に楽しめるというシェア機能になります。

Share PlayはiOS 15 / iPadOS 15の新機能としてかなり大きめの扱いでアナウンスされていましたが、直前にバグが発見されたらしく、正式リリースでは実装されませんでした。

この秋リリース予定のiOS 15.1 / iPadOS 15.1のアップデートで実装されることになるようです。

Ipados15 1 devbeta

またこの他、iOS 15のベータ版にはあったものの正式版ではなぜか実装されなかったHomePodとHomePod miniのロスレスオーディオと空間オーディオのサポートもiOS 15.1 / iPadOS 15.1には含まれています。

Appleの公式サイトによると、Share Playのリリース時期は“この秋”とアナウンスされているので、iOS 15.1 / iPadOS 15.1の正式リリースはそんなに遠くないでしょう。

関連するエントリー

ahamo