iOS 15でストレージの表示バグ?いっぱいじゃないのにいっぱいという表示に困惑する人々

Ios15 icloudstragefullbug

iOS 15にアップデートした一部のiPhoneユーザーから、空き容量があるのにストレージがいっぱいですという警告が表示されたという報告や、ストレージの表示がおかしいという報告が挙がっています。

ストレージがいっぱいですという警告が表示されたという報告は複数あり、そのどれもがiPhoneの本体ストレージの空き容量は十分あるのにも関わらず、ストレージが足りないという表示が出てしまっているということです。

そして別の報告では、ストレージの表示がおかしいという指摘もあります。

設定 > 一般 > iPhoneストレージでチェックすると、iPhone本体のストレージの使用状況がグラフとGBで表示されますが、その部分の表示が、実際のストレージ使用状況とは異なるというのです。

実際よりも多く表示されている時もあれば、実際よりも少なく表示されている場合もあり、明らかにバグっている模様。

どうやらiOS 15には、ストレージの取り扱いに関する不具合が存在しているようです。

現在、iOS 15.1がベータテスト中なので、iOS 15にアップデートするのはしばらく様子見する方がいいでしょう。

iOSやmacOSのメジャーアップデートの時は、修正アップデートがリリースされて安定するまで様子見するのがベストかもしれませんね。今回は安定しているiOS 14.8があるので、そのまま使い続けることも可能です。

関連するエントリー