iOS 16でiPhone SEが、iPadOS 16で初代iPad Proなどがサポート対象外に!?

IOS16 iPadOS16 notsuportdevices 02

2022年の秋に正式リリースされる予定の「iOS 16」。

今回のメジャーアップデートでは、とうとうiPhone SE 1やiPhone 6s、初代iPad ProやiPad 5などのサポートが終了するようです。

これは、AppleでiOS標準の「地図」を開発している人物からの情報として伝えられている噂ですが、それによると、「iOS 16」を適用するにはApple A10チップ以降を搭載しているデバイスという条件があるといいます。

そのため、Apple A8やA9チップを搭載しているiPhoneやiPadは、「iOS 16」「iPadOS 16」にアップデートすることはできないということになります。

iOS 16でサポートされないiPhone

  • iPhone SE 1
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus

これらのモデルについては、スペック的にも納得。
「iOS 15」のままで・・・というか「iOS 14」のままでいたほうが幸せでしょうし、意外性は全くありませんね。むしろ、今までサポートされていた事の方がスゴいっていう。

iPhone SE 1が世界中で売れまくったので、ユーザー数が多すぎてサポートを切れなかったという経緯があるようですが、それも流石にもう無理だとなったんでしょうね。

iPadOS 16」では、さらに多くのデバイスが対象外になります。

iPadOS 16でサポートされないiPad

  • 9.7インチ iPad Pro(2015)
  • 12.9インチ iPad Pro(2015)
  • iPad 5
  • iPad Air 2
  • iPad mini 4
IOS16 iPadOS16 notsuportdevices 01

iPad Proがサポートから外れる!?

というとちょっと意外性がありますけど、 初代iPad Proは2015年に発売されたA9Xチップ搭載モデルなので、それを考えれば納得がいきます。2015年の秋から2022年の秋までサポートされていたということになるので、ユーザーも十分元はとったでしょう。

なお、今回の情報はあくまでも噂。

通年、iOSのメジャーアップデートの度に、これと同じようなサポート対象外のモデルの噂が出ますが、結果は当たったり外れたりという状態なので、信憑性はそれなり。あくまで目安として知っておいて、買い替えの参考などにする程度でいいと思います。

「iOS 16」「iPadOS 16」が正式リリースされるのは2022年の秋ですが、ベータ版が春頃にはリリースされるので、2022年の春にはサポート対象外のモデルは判明するでしょう。

関連するエントリー

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。