M1 UltraのCPU性能はM1 Maxの約2倍、GPU性能は15.6/20.8 TFLOPSになる

AppleM1Ultra benchmark 03

Mac Studioに搭載されているApple M1 Ultraチップのベンチマークテストの結果が公開されています。

Geekbench 5を使ったベンチマークテスト結果で、M1 UltraのCPUは20コア、クロック周波数は3.22 GHz、128GB RAMというスペックになります。CPUベンチマークになるので、今回のスコアではグラフィックパフォーマンスはわかりません。

AppleシリコンMacのベンチマークスコア

AppleM1Ultra benchmark 01

M1 Ultra

  • Apple M1 Ultra @ 3.22 GHz (20コア)
  • シングルコア:1793
  • マルチコア:24055

M1 Maxのベンチマークスコア

  • Apple M1 Max @ 3.2 GHz (10コア)
  • シングルコア:1747
  • マルチコア:12233

M1 Maxのスコアと比べてみると、シングルコアはほぼ同じ。コア数が2倍になっているので、マルチコアではパフォーマンスも約2倍になります。

M1のベンチマークスコア

  • Apple M1 @ 3.2 GHz (8コア)
  • シングルコア:1719
  • マルチコア:7489

CPUが8コアのM1チップは、このスコアです。
シングルコアは同じなので、同じM1のコアを増やしているだけということが分かります。

AppleM1Ultra benchmark 02

M1 Maxを2枚重ねたものが、M1 Ultraになります。

GPUのパフォーマンスについても、コア数によって変わってきます。

Apple M1シリーズのGPUパフォーマンス

  • M1:(8コアGPU)2.6 TFLOPS
  • M1 Pro:(14コアGPU)4.5 TFLOPS
  • M1 Pro:(16コアGPU)5.2 TFLOPS
  • M1 Max:(24コアGPU)7.8 TFLOPS
  • M1 Max:(32コアGPU)10.4 TFLOPS

CPUと同じく、M1チップのGPUコアが増えているだけなので、単純計算でM1 Ultraのパフォーマンスが算出できます。

  • M1 Ultra:(48コアGPU)15.6 TFLOPS
  • M1 Ultra:(64コアGPU)20.8 TFLOPS

同じくらいのTFLOPSのデスクトップ用グラフィックカードはこちら。

  • NVIDIA GeForce RTX 2080:10 TFLOPS
  • NVIDIA GeForce RTX 3060:12.7 TFLOPS
  • NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti:16.1 TFLOPS
  • AMD Radeon RX 6800:16.1 TFLOPS
  • NVIDIA GeForce RTX 3070:20.3 TFLOPS
  • AMD Radeon RX 6800 XT:20.7 TFLOPS

実際のベンチマークテスト結果ではありませんが、おおよその目安として、これらのグラフィックカードと同等のパフォーマンスになると考えられます。

AppleM1Ultra benchmark 04

高スペックのグラフィックカードは、 TDP(熱設計電力)や消費電力と発熱・冷却による騒音などの不快要素もあるので、実用面での総合評価はまた変わります。

Appleイベントでは、GeForce RTX 3090と比べて200W近く消費電力が低いことがアピールされました。

関連するエントリー