M2は5nmプロセスだけど、M2 Proは3nmプロセスで秋以降に登場か

M2pro m3 3nmprocess

TSMC、Samsung Electronics、Intelの3社間で、今後、半導体の開発競争が激化するというDigitimesの記事で、AppleがTSMCにM2 ProチップM3チップのオーダーを行ったという言及があり、どちらも3nmプロセスで製造されるということが分かりました。

この情報については、以前、アナリストがちらっと触れていましたが、サプライチェーンからの情報として、ちゃんとした記事で伝えられたのは今回が初となります。

M3チップが3nmプロセスになるのは予想通りですが、M2チップのアップグレード版のM2 Proチップが3nmプロセスになるのはちょっと意外性があります。M2チップは5nmプロセスで製造されており、M1チップから大幅なパフォーマンスの向上はみられませんでしたが、M2 Proチップは5nm→3nmにシュリンクされるということで、M1 Proチップと比較してパフォーマンスの向上や省電力性に期待ができそうです。

M2 Proチップは2022年の後半から生産開始となり、M2 Proチップを搭載するモデルの登場は、早くても秋以降となります。

あまり進化が見られなかったM2へのアップデートをスルーしたM1 Macユーザーは、3nmプロセスになるM3チップを待つのもいいかもしれません。

M2 Proチップ搭載モデル

  • 14インチMacBook ProM2 Pro / M2 Maxを搭載
  • 16インチMacBookProM2 Pro / M2 Maxを搭載
  • 新設計されたMac mini:M2 / M2 Proを搭載

筐体が新設計される新型Mac miniには、M2チップとM2 Proチップのオプションがあるとされていますが、5nmのM2チップと3nmのM2 Proチップでかなりの性能差があるのを考えると、1つのモデルでありながらエントリーモデルとハイエンドモデルを兼任することになりそうです。

関連するエントリー

 本を聴くAudible 1冊無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。