iPhone 14 Proに搭載のLPDDR5 RAM、データ転送1.5倍で20%省電力になる次世代メモリ

Iphone14pro lpddr5ram

サプライチェーンからの情報を伝えたDigiTimesの記事によると、9月に登場するiPhone 14シリーズのうちハイエンドモデルであるiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxには、6GBのLPDDR5 RAMが搭載されるということです。

現行のiPhone 13 Proには6GBのLPDDR4X RAMが搭載されており、RAMの容量はそのままで変わりませんが、LPDDR4XからLPDDR5へとアップデートされることで、処理速度の向上に期待ができます。

エントリーモデルのiPhone 14とiPhone 14 Max(Plus)にも6GBのRAMが搭載されるということですが、こちらは従来と同じLPDDR4X RAMになるようです。

iPhone 14シリーズのRAM(メモリ)容量

  • iPhone 14 Pro Max:6GB RAM(LPDDR5)
  • iPhone 14 Pro:6GB RAM(LPDDR5)
  • iPhone 14 Max(Plus):6GB RAM(LPDDR4X)
  • iPhone 14:6GB RAM(LPDDR4X)

現行モデルのiPhone 13には、4GBのLPDDR4X RAMが搭載されています。同じLPDDR4Xであっても2GB増量されることから、より余裕のある使い方ができるようになります。

これらのiPhone 14シリーズに搭載されるRAMを供給するのは、Samsung Electronics、SK Hynix、Micron Technologyというお馴染みメモリベンダーの3社が請け負います。

ここで、これまでのiPhoneのRAMをおさらいしてみましょう。

iPhoneのRAM(メモリ)容量

  • iPhone 13 Pro:6GB RAM(LPDDR4X)
  • iPhone 13:4GB RAM(LPDDR4X)
  • iPhone SE 3:4GB RAM(LPDDR4X)
  • iPhone 12 Pro:6GB RAM(LPDDR4X)
  • iPhone 12:4GB RAM(LPDDR4X)
  • iPhone 11 Pro:4GB RAM(LPDDR4X)
  • iPhone 11:4GB RAM(LPDDR4X)
  • iPhone SE 2:3GB RAM(LPDDR4X)
  • iPhone Xs / Xs Max:3GB RAM(LPDDR4X)
  • iPhone XR:3GB RAM(LPDDR4X)
  • iPhone X:3GB RAM(LPDDR4X)
  • iPhone 8 Plus:3GB RAM(LPDDR4X)
  • iPhone 8:2GB RAM(LPDDR4X)
  • iPhone 7 Plus:3GB RAM(LPDDR4)
  • iPhone 7:2GB RAM(LPDDR4)
  • iPhone SE:2GB RAM(LPDDR4)

iPhone 8以降は、ずーっとLPDDR4Xが搭載されています。

iPhone 14 ProからLPDDR5が搭載されるとすれば、久しぶりのアップデート。

そこで気になるのが、LPDDR5搭載でとう変わるのか?ということ。

LPDDR5搭載で1.5倍速く、しかも省電力に

スマートフォン向けにLPDDR5 RAMを提供しているサムスンのWebサイトによると、LPDDR4XからLPDDR5に変わることでデータ転送速度が1.5倍速くなり、なおかつ消費電力が20%削減されるとあります。

さらに上位規格のLPDDR5X RAMも発表されており、こちらはLPDDR4Xの2倍のデータ転送速度を実現しています。ナンバリングが4から5に増えるだけでデータ転送速度が1.5倍〜2倍になると考えると、停滞気味なAチップのアップデートよりもパフォーマンス向上に貢献することになります。

  • LPDDR4X:データ転送速度 4,266Mbps
  • LPDDR5:データ転送速度 6,400Mbps
  • LPDDR5X:データ転送速度 8,533Mbps

スマートフォンのスペックをチェックする時にはRAMの容量に目が行きがちですが、RAMの規格の方が重要だということがよく分かります。

エントリーモデルにもLPDDR5が搭載されそうな、iPhone 15あたりで買い換えようかな?

関連するエントリー

ahamo