同じM2チップ搭載MacBook AirとProでも性能に差が生じる、その理由は冷却ファンの有無

M2 MacBookAir Pro Bench 01

発売開始に先駆けて、M2チップ搭載MacBook Airのベンチマークテスト結果が掲載されています。

こちらは、Geekbench 5を使ったCPUベンチマークの結果なので、CPUパフォーマンスを測定する目安となります。M1チップ搭載MacBook Airの結果と比較すると、シングルコアで11%アップ、マルチコアで18%アップとなり、単体のコアでもパフォーマンスが向上していることが分かります。

M2チップ搭載 MacBook Air(2022)

M2 MacBookAir Pro Bench 03

  • シングルコア:1907
  • マルチコア:8784

M1チップ搭載 MacBook Air(2020)

  • シングルコア:1706
  • マルチコア:7420

また、同じM2チップを搭載している13インチMacBook Proと比較すると、僅かながらスコアに差が生じています。

M2チップ搭載 MacBook Pro(2022)

M2 MacBookAir Pro Bench 02

  • シングルコア:1926
  • マルチコア:8913

体感できるほどの差ではありませんが、MacBook AirはファンレスMacBook Proは冷却ファン搭載という仕様の違いがあるので、それが影響しているのかもしれません。こちらはベンチマークテスト結果ですが、実際の作業でも、発熱による影響を受けない13インチMacBook Proの方が処理能力が高いという認識で間違いないと思います。

例えば、iPadやiPhoneで充電しながらゲームをしていると、本体が熱をもってきて処理落ちすることがあります。ファンレスのMacBook Airでもそれと同じ状態になりやすいのに対して、冷却ファンを搭載しているMacBook Proは、安定動作が期待でき連続使用にも耐えうる仕様となっています。

また、発熱によるバッテリーの劣化を考えると、冷却ファンの動作による消費電力の差よりも大きなアドバンテージになっていると考えられます。冷却ファンのデメリットは、ホコリを呼び込む、ファンが故障するといったポイントがあります。

同じM2チップを搭載しているMacBook AirとMacBook Proで迷っている方は、冷却ファンの有無で選ぶといいでしょう。

関連するエントリー

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。