AppleのMRヘッドセット、iPadアプリやスポーツ観戦といった活用法も

当サイトの記事には広告が含まれます。

Vrheadset realitypro rumor

主にVR業界の最後の砦として注目されているAppleのMRヘッドセット「Reality Pro」は、6月6日に開催されるWWDC 23で発表される予定ですが、Bloombergの記事によると、「Reality Pro」が発売されるのは発表から数カ月後になるということで、ホリデーシーズンになるとみられます。

機能面では、ゲームやフィットネス、スポーツ観戦、コラボレーションツールとしての活用方法の他に、iPadアプリが動作すると言われています。通常のiPadアプリだと、VRヘッドセットで非VRの動画を再生した時のような感じになるでしょうけど、ARアプリやARゲームならいい感じに表現されるかな?需要はともかく。

そんな「Reality Pro」の気になる価格は3,000ドル前後(約40.5万円)と、かなり高額なデバイスになるようなので、Appleストアや家電量販店でちょっと試着してみるくらいで満足してしまうのが平和的かなと思います。

関連するエントリー

PR

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。