Appleが教育機関向けに低価格のMacBookを計画か、Chromebookのライバルに

当サイトの記事には広告が含まれます。

Education macbook

教育機関向けに低価格のMacBookを提供するというAppleの計画が噂されています。

サプライチェーンをソース元とした情報によると、低価格のMacBookは教育機関向けに販売するモデルで、GoogleのChromebookとよく似たコンセプトの製品になるといいます。

低価格のMacBookはMacBook Airとは別の製品で、外装の素材はアルミニウムとは別の金属になり、低コストなパーツで構成され、販売価格も安くなるということです。Chromebookの教育機関向けモデルは、低コストかつ耐久性を重視した設計になっており、MacBookの教育機関向けモデルもそれと同様に低コストでありながら耐久性を重視したモデルになることが予想されます。

こちらのモデルについての詳細は、2024年後半に発表される可能性が高いということで、登場は早くても2025年頃になるとみられます。

関連するエントリー

PR

 本を聴くAudible 無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。