iPhone 16は全てのモデルにA18チップ搭載か、iOSとバージョンが揃って分かりやすく

当サイトの記事には広告が含まれます。

Iphone16 has a18chip

2024年の秋に登場するiPhone 16は、4モデル全てにA18チップが搭載される可能性が噂されています。

この噂は、iOS 18の初期開発バージョンのコード解析から明らかになったものです。モデル識別子は4種類あり、全てにTahitiというコードネームのSoC(開発中のA18チップ)が搭載されていることから、iPhone 16ファミリーでは、全モデルがA18チップ搭載になることが推測されています。

2023年モデルのiPhone 15ファミリーでは、ハイエンドモデルにはA17 Proチップが、通常モデルにはA16チップが搭載され、製品グレードによる区分けが明確に行われましたが、同じ世代のモデルにA17とA16という型番の異なるSoCが搭載されることでやや混乱するという一面もありました。

iPhone 16ではA18チップに統一されることになれば、ユーザーにとっては分かりやすくなります。さらに、iOSのバージョンも18で統一されるので、より分かりやすくなります。

A18チップは、通常モデルとハイエンドモデルで全く同じスペックのSoCになるとは考えにくく、何らかのグレードの違いは必ずあるとみられます。通常モデルはA18チップ、ハイエンドモデルはA18 Proチップという具合に。

調査会社TrendForceのレポートによると、2024年第1四半期にスマートフォン向けのRAMとNANDフラッシュメモリの価格が18〜23%ほど高騰すると予測。パニック買いが発生した場合は、その後もさらに価格が上昇する可能性があるということで、iPhone 16の価格にも影響を及ぼす懸念があります。

  • iPhone 16は4モデル全てにA18チップを搭載
  • A18チップは3nmプロセス
  • グレードによって性能が違う可能性
  • SoCとiOSのバージョンが18で統一される
  • スマホ向けのRAMとフラッシュメモリの価格が上昇傾向にある

関連するエントリー

PR

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。