iPhone 16のカメラは空間ビデオ対応か?バッテリーは6%増加、AIはオンデバイスで処理

当サイトの記事には広告が含まれます。

Iphone16series design battery 2
(image: Aaron Carpenter@Aaron_Carpentr)

9月に登場が予定されているiPhone 16シリーズについて、リークを含めていろいろと情報が出始めてきました。

2024年モデルとなるiPhone 16では、カメラレンズの再配置やバッテリーパックの刷新、アクションボタンの搭載といった変更点がみられます。注目のAI機能については、オンデバイスで処理するタイプになるようです。

iPhone 16は空間ビデオの撮影に対応?

iPhone 16の3D CADデータがリークされ、それを元にCGモックアップが作成されています。iPhone 16のデザインで大きな変更点は、背面カメラの配置が縦に変更されたことです。

Iphone16series design battery 1
(image: Majin Bu @MajinBuOfficial)

カメラレンズが縦並びになった理由として「空間ビデオ」の撮影に対応する為だと予想されています。カメラレンズの大きさや突出はほとんど変わりませんが、LEDフラッシュがカメラユニットから独立して配置されています。

  • A18チップ
  • 8GB RAM
  • デイスプレイは6.1インチと6.7インチ(iPhone 15と同じ大きさ)
  • ディスプレイのリフレッシュレートは60Hz
  • キャプチャボタン(アクションボタン)が搭載
  • カメラレイアウトが縦になる(空間ビデオの撮影をサポートする可能性)
  • Wi-Fi 6Eをサポート
  • サーバーを利用しないオンデバイスのAI機能

iPhone 16のAI機能はオンデバイスで処理

「iOS 18」の新機能として注目のAIについては、iPhone 16シリーズを優先することでセールスポイントにしてくることが予想されます。

どういうAIになるのかは具体的な情報は不明ですが、オンデバイスのAI機能ということで、ChatGPTのようにサーバーで処理するのではなくiPhone 16上で処理を行うAIになるようです。そのため、旧型デバイスでは使えない可能性もあります。

iPhone 16のバッテリー

リーク情報によると、iPhone 16シリーズではバッテリー容量が15シリーズよりも約6%ほど増加

  • iPhone 16:3561mAh
  • iPhone 16 Plus:4006mAh
  • iPhone 16 Pro:不明
  • iPhone 16 Pro Max:4676mAh

Iphone16series design battery 3
(image: Majin Bu @MajinBuOfficial)

バッテリーパックはシンプルな形状になり、iPhone 16 Pro向けバッテリーはこれまでのL字タイプではなくストレートタイプになっています。

関連するエントリー

PR

Y!mobile