AirPods 4が2つのモデル展開で5月以降に登場、待望のノイキャンを搭載

当サイトの記事には広告が含まれます。

AirPods4 rumor

Appleのサプライチェーンからの情報として、5月より新しいAirPodsの量産が開始されるようだとMarkGurmanさんがニュースレーターで伝えています。

第4世代となる新しいAirPodsは、2021年以来のモデルチェンジとなり、イヤホン本体が刷新されフィット感が向上しているとのこと。通常モデルと上位モデルの2つのモデル展開となり、上位モデルには(AirPods Proではないものの)アクティブノイズキャンセリング機能が搭載されると言われています。

この新しいAirPodsの登場により、現行モデルであるAirPods 2とAirPods 3はモデル落ちとなります。

新しいAirPods

  • 2つのモデルがある
  • AirPods 2とAirPods 3に置き換わる形で登場する=同価格帯になる
  • 刷新されたデザインでフィット感が向上
  • 上位モデルのみ、アクティブノイズキャンセリングとAirPodsを探すに対応
  • 充電ケースにはUSB-Cポートを搭載

この他、年内に登場予定のAirPodsシリーズとしては、AirPods MaxがUSB-Cポートを搭載して今年後半に登場すると言われていますが、こちらに関しては大きな刷新は無いようです。

というわけで、2024年のAirPodsシリーズの動向としては、AirPods 4の2つのモデルが5月以降に登場、iOS 18への更新によりAirPodsに「補聴器モード」が追加される、AirPods MaxにUSB-Cポートが搭載されるという3点になります。

AirPods Proの後継モデルは2025年まで登場しないとのことです。

関連するエントリー

PR

楽天モバイル