AI機能対応のため、今後登場する全てのMacにM4チップが搭載

当サイトの記事には広告が含まれます。

Applem4chip aichip

今年後半から来年2025年の前半にかけて登場するMacには、AI機能とメモリ性能が向上したApple M4チップが搭載されるようです。

Apple関係者からの情報として伝えるBloombergの記事によると、M4チップには3つのグレードがあり(ProやMaxなど)、ローエンドモデルからハイエンドモデルまで全てのMacに搭載予定といい、具体的なモデルとして以下のモデルがリストアップされています。

M4チップ搭載Mac(2024年後半〜2025年前半に登場)

  • iMac
  • 14インチMacBook Pro
  • MacBook Air
  • Mac mini(ローエンドとハイエンド)
  • 14インチと16インチMacBook Pro(ハイエンドモデル)
  • Mac Pro

M3チップ搭載のMacが登場してから半年も経っていませんが、(非公式ではありますが)M4チップの情報を先出しにしてきた理由として、APPLの株価を意識しているように見えます。

AI導入への遅れを指摘されてからというもの、APPLの株価は下降トレンド入りしています。WWDC 24でのAI機能の発表まではまだ2ヶ月近くあるため、とりあえず情報を先出しにしてきたのかなという感じがしますね。

6月に開催されるWWDC 24でAppleが発表する予定のAI機能の最大の特徴は、サーバーで処理せずに搭載されているチップで処理するという部分です。そのため、より処理能力の高い、AIに特化したチップの搭載が今後必要になります。

AI機能がどんなものになるのかはまだ不明ですが、過渡期に登場したM3チップ搭載Macは短命に終わるかもしれません。

関連するエントリー

PR

Y!mobile