Time Machineに入れない時の対策法と、それでも無理な場合のMacのデータ復元方法

外付けHDDをTime Machineのバックアップ先にしている場合(殆どの人がそうだと思いますが)、「Time Machineに入る」をしても画面が切り替わらずに、Time Machineに入れない症状になることがごくまれにあったり無かったり・・・。

その場合、幾つかの対策方法があります。

とりあえず再起動してみる

TimeMachine hairenaitaisaku 03

とりあえずやるのがコレ。
Time Machine環境設定を開いて、自動バックアップを「」に。
そして、Macを再起動します。 

TimeMachine hairenaitaisaku 01

再起動後、再び Time Machine環境設定を開いて、自動バックアップを「」にします。

通常はこれだけで改善されるようです。

TimeMachine hairenaitaisaku 02

ディスクユーティリティを使う

それでも駄目な場合は、ディスクの検証と修復を試してみましょう。

Spotlightで「ディスクユーティリティ」を検索して起動、Time Machineに設定しているHDDを指定して「First Aid」をクリックします。

TimeMachine hairenaitaisaku 04

問題が検出されれば修復。
問題が無ければ、ディスク自体に問題は無いということになります。

TimeMachine hairenaitaisaku 05 

それでもTime Machineに入れない時は、直接開く

バックアップを暗号化していない場合は、Time MachineのデータファイルをFinderから直接開く事が出来ます。復元したいファイルがある場合は、フォルダ階層を辿っていけばお目当てのファイルが見つかるはず。

TimeMachine hairenaitaisaku 07

バックアップデータは、Backups.backupdbの中にあります。

TimeMachine hairenaitaisaku 08

バックアップデータは日付別に保存されているので、お目当てのデータが探しやすい。

TimeMachine hairenaitaisaku 09

みつけたど〜〜。

関連するエントリー

 本を聴くAudible 1冊無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。