YouTube動画の広告ポリシー変更、再生1万回未満のチャンネルには広告配信せず審査有りに

Youtube koukoku

本日4月7日(金)より、YouTubeのチャンネル合計視聴回数が1万回未満の動画に関しては広告が付かなくなっています。

これは、YouTube動画に広告を付けることで収益が得られる「YouTube パートナープログラム」の参加条件が変更されたことによるもので、主にポリシー違反の動画を取り締まる目的があるということです。新規のチャンネルで合計視聴回数が1万回を超えた場合でも、広告配信前に審査が行われ、ポリシー違反だと判断されれば広告は配信されません。

最近、PVを稼ぐ為にヘイトを煽る動画が目立つとして、YouTubeから大手の広告主が続々と撤退しており、これを受けて対策に乗り出したとみられます。

YouTubeパートナープログラムの変更点

  • チャンネルの合計再生回数が1万回未満の場合は、参加できない
  • プログラムへの参加申請を行った際、そのチャンネルがポリシーに則しているか審査が行われる
  • ポリシーに違反していればチャンネルは停止される

ポリシー違反の動画で目立つもの

  • バズった海外の動画を日本語タイトルに付け替えただけのパクリ動画
  • バズった動物動画や事故映像を複数まとめてパクったコンピレーション動画
  • ニュース記事やブログ記事をそのままパクってテキストを貼り付けた動画
  • テレビ番組やラジオ番組を録画・録音した動画

これらの動画をアップするYouTubeチャンネルは、話題性を利用して瞬間最大的に稼いで、通報によって削除される前に自分で削除する事でペナルティを回避して、また新しいチャンネルを作り、また同じ動画をアップするというルーティーンが繰り返される事が多いようです。

今回の変更では、これらのYouTubeチャンネルは完全に対策される形。

パクリ動画が対策されることになれば、結果的に、真面目にコツコツ作っているオリジナル動画に広告収益が分配されることになります。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー