Apple純正のファイルマネージャアプリ「Files」がiOS 11で解禁

Ios files

Apple純正のファイマネージャアプリとして、「Files」というiOSアプリがリークされています。

App Store USのダウンロードページとそのスクリーンショットから、100%本物であることが確定しているリークで、iOS 11で利用できるユーティリティということです。

アイコンやFilesというネーミングから、macOSのFinderの様なファイルマネージャになることが伺えます。

iOSアプリでいえば、iCloud Driveと似たようなものになりそう。

ローカルファイルの管理が行えるようになるだけでも、iOSの自由度はかなり向上します。全てのファイルにアクセスできることはまず無いと思いますが、MacやWindowsに接続してのファイル転送などにも対応していれば、文句なし。ホーム画面の1番目かDockに置いておきたいアプリとなりそうです。

この「Files」は、おそらくWWDC 17で正式発表されるとみられます。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited