2018年発売のiPhone用有機ELディスプレイ、LGとSamsungの2社供給になる可能性

IPhone OLED LG

Apple製品の有機ELディスプレイを供給するサプライヤーとして、将来的にはLGディスプレイも参加するという話。これは、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏のレポートによるものです。

「iPhone 8」用の有機ELディスプレイは、Samsungが独占供給することになっています。Appleのライバル企業でありながら、Appleの運命を左右するモデルの重要なパーツを独占供給するという、やや奇妙な関係性にあります。

Apple的にはこの状況を良しとはしておらず、リスク分散や価格交渉を有利に進めるために、LGディスプレイとの2社供給にしたいと考えているようです。その為、AppleはLGディスプレイを支援するように働きかけているということ。

LGディスプレイは、PC用のディスプレイやソニーと同じくテレビに搭載する大型の有機ELパネルを開発していて、有機ELディスプレイのサプライヤーとして技術的には問題ありません。

2018年に発売されるiPhoneは、全機種に有機ELディスプレイが搭載されるとも噂されていますが、モデルによっては、LGディスプレイ製の有機ELディスプレイが搭載されることになるかもしれません。

そうなれば、端末価格も「iPhone 8」よりは安価になるでしょうね。

ただ、有機ELディスプレイが2社供給になったところで、今後のiPhoneの重要なパーツ(バッテリー、A12チップ)はSamsungが供給することになっているので、上手く付き合っていく必要がありそう。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー