最新のiOSにしても旧型iPhoneのパフォーマンスは変わらない、計画的陳腐化説を一蹴するデータが公開

IPhone keikakutekichinpuka 03 

iPhoneには、新型モデルに合わせてリリースされる最新バージョンのiOSにアップデートすると、旧型モデルの速度が遅くなってしまった、Appleが新型モデルを買わせようとしているのでは!?という、計画的陳腐化にまつわる都市伝説があります。

この都市伝説について実証すべく、ゲーム用のベンチマークソフト3DMarkを開発しているFuturemarkという企業が、2016年4月〜2017年9月まで毎月ベンチマークテストを実施して、その集計結果を公開しました。

「iPhone 5s」「iPhone 6」「iPhone 6s」「iPhone 7」といった旧型モデルのiPhoneで、それぞれCPUとGPUでベンチマークを実施。2016年4月〜2017年9月までの間に、「iOS 9」「iOS 10」「iOS 11」と3つのバージョンのiOSにアップデートされていますが、ベンチマークスコアはCPU / GPUどちらも横並びで、ほぼ変わりません。

つまり、iOSのバージョンアップを行うことでパフォーマンスが低下することは無いということです。

IPhone keikakutekichinpuka 01

ただこれは、あくまでこのベンチマークテストのスコア上の話であって、実際の使用感はまた異なります。

例えば、「iOS 10」から「iOS 11」にアップデートすると、アプリの削除を行う時にタイムラグが生じることがありますが、そういう使用感はベンチマークテストのスコアには出ず、結局はユーザーが判断することになります。

IPhone keikakutekichinpuka 02

「iOS 11」では、「iPhone 5」「iPhone 5c」「iPad 4」といった32bitデバイスのサポートが廃止されましたが、もし「iPhone 5」などが64bitデバイスだったら、サポートされていたのでしょうか?

それとも、快適に動作する為のマシンパフォーマンスが足りないということで、やっぱりサポートは廃止されたのでしょうか?

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited