Appleの高級スマートスピーカー「HomePod」2018年初頭に発売延期

Homepod 01

Appleのスマートスピーカー「HomePod」が、2018年に発売延期。

「HomePod」は、Siriを搭載して音声操作が行えるスマートスピーカー。スペックはA8チップに1GB RAMを搭載しており「iPhone 6 Plus」と同等の処理能力とされています。高さは約18cmで、トイレットペーパーっぽいデザインが印象的。価格は349ドルと、他社のスマートスピーカーと比べてやや高価なハイエンド機種となります。

「HomePod」は今年の12月に、米国や英国、オーストラリアで先行発売される予定でしたが、2018年初頭へと発売が延期されました。

「HomePod」を製造しているのは、台湾のインベンテック(Inventec / 英業達)1社のみ。12月の出荷数は50万台になると見積もられていましたが、生産に遅れが生じているとみられます。

2018年にはFoxconnでも生産が開始されることになっているので、2018年になり、生産がある程度安定してから出荷されるのかもしれません。

日本国内での販売については、発表時より2018年内に発売予定とされているので、今回の発売延期の影響は受けないと思われます。

ハイエンドなスマートスピーカーというかなりニッチな製品なので、あまり数は出ないと思いますが、黒歴史となった「iPod Hi-Fi」よりは売れるか?

HomePodの主な機能や特長

  • カスタムA8チップ
  • Siriで音声操作(音楽再生、HomeKit対応スマートホームデバイスの操作、ニュースや天気情報などの再生)
  • iOSデバイスとAirPlay 2で連携
  • 上向き大型ウーファーと2つのスピーカー
  • 7個のビームフォーミングツイーターのカスタムアレイ
  • 空間認識機能を使って設置場所を感知、最適な音に自動調節
  • 6個のマイクを搭載しており、大音量で音楽再生中でも音声操作が可能
  • セットアップは「AirPods」と同じくらい簡単 

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー