6.5インチ「iPhone X Plus」の画面パーツがリーク?M字は現行と変わらない大きさ

IPhonexplus leak 02

ベトナムにあるLGの工場から、6.5インチ「iPhone X Plus」用のディスプレイパーツとされる写真が中華サイトでリークされています。

生産ラインの試運転で作られたものだという、ディスプレイアセンブリとスクリーンカバーの2つの写真。スクリーンカバーは「iPhone X」より大きいことから6.5インチ「iPhone X Plus」用のものと言われれば確かにそう見えますが、ノッチ(M字)の大きさは「iPhone X」と変わらないように見えます。

2018年に登場するiPhoneは、TrueDepthカメラモジュールをシュリンクすることでノッチ(M字)が若干小型化されるという話がありましたが、こちらの写真を見る限りでは現行と変わらないようです。

アナリストの予測する2018年モデルiPhone

  • 6.5インチ、有機EL、4GB RAM、L型2セルバッテリー 3,300-3,400mAh
  • 5.8インチ、有機EL、4GB RAM、L型2セルバッテリー 2,700-2,800mAh
  • 6.1インチ、FULLACTIVE液晶、3GB RAM、1セルバッテリー 3,300-3,400mAh

IPhonexplus leak 01

このパーツが本当に「iPhone X Plus」用のものなら初めてのリークということになりますが、これが「iPhone X Plus」用のパーツであるという証拠は示されていません。あくまでそれっぽい写真というだけ。

最近は、Androidスマホにもノッチ(M字)付きの機種が登場し、Androidもそれをサポートするとしていますし、「iPhone X」と似たデザインのAndroidスマホのパーツという可能性も十分考えられます。

実際、昨年の「iPhone X」や「iPhone 8」のパーツリークの中には、中華スマホ用の物が数多く紛れ込んでいました。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited