2020年のiPhone、5nmプロセスのA14チップ搭載、ノッチあり、全機種有機EL

Nonotch iPhone2020

今年じゃなくて来年の2020年に登場するiPhoneについて、パーツを供給するサプライヤーの動向が伝えられ、大まかなスペックが見えてきています。

TSMCが株主総会で、2020年後半より5nmプロセスのチップ製造を開始することを発表。時期的にも、2020年モデルのiPhoneに搭載されるA14チップのことだと推測されています。

今年登場する「iPhone XI」に搭載されるA13チップは、7nmプロセスといわれています。

「iPhone XS」や「iPhone XR」に搭載されているA12チップも同じ7nmプロセスなので、性能アップや電力消費の少なさといった大きな変化は、2019年モデルよりも2020年モデルで起こると予想されます。

iPhone 2020年モデルのスペック

  • 全モデル 有機ELディスプレイを搭載
  • A14チップ 5nmプロセス
  • 高速通信5Gをサポート
  • USB-Cポートを搭載
  • 3D ToFカメラを搭載
  • ノッチが小型化、1機種のみノッチなしモデルも?

と、なかなかのスペック。
価格も高くなりそうですが、やっと待望のUSB-Cポートを搭載するということで、USB-Cデバイスのサポートもかなり気になるところ。

本体デザインについてはノッチが小型化するということで、少し変わりそうです。

ディスプレイ内蔵式のTouch IDを搭載したノッチなしモデルも登場するという噂もあり、さらに翌年の2021年には全モデルがノッチなしになるといいます。2020年を境にiPhoneの変化が活発化しそうで、ちょっと期待ですね。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー