iPhone 8の後継モデルが2020年3月登場、A13チップ搭載で650ドル

IPhone8s rumor 2020

鉄板モデルの「iPhone 8」をアップデートした後継モデルが2020年に登場。

人気の「iPhone 8」をベースに、スペックをアップデートした新型の4.7インチiPhoneが、2020年3月に発売予定だと台湾メディアが伝えています。

主なスペックは、A13チップ、128GBストレージ、シングルレンズカメラ
ディスプレイは4.7インチ液晶パネル。ロジックボードは新設計になりますが、外装は大きく変わらないようです。

価格は650ドル前後と普及価格帯になる模様。
製品名には言及されていませんが、これまで通りのネーミングパターンなら「iPhone 8s」になるのでしょうか?

普及価格帯のスマートフォンは現在、HuaweiやOppoといった中国メーカーが市場を支配しつつあり、Appleもこれに対抗するために、この4.7インチモデルを発売するとみられます。

4.7インチ液晶ディスプレイで外装はほぼそのままということで、Face IDではなくTouch IDが搭載されることも推測できます。

旧型モデルをベースにしたアップデートバージョンの「iPad mini 5」や「iPad Air 3」でも、継続してTouch IDが搭載されており、2020年に登場するiPhone 8の後継モデルでTouch IDが健在だとしても、全く不思議なことではありません。

2020年にはFace IDに完全移行しているというアナリストの推測もありましたが、2018年のiPhone不振が招いた結果として、「iPad mini 5」や「iPad Air 3」、「iPhone 8s」の誕生があるのだとしたら、ユーザー的には結果オーライかも?

現在の「iPhone 8」の価格は、64GBで599ドル、256GBで749ドル。
128GBで650ドル前後ということは、ちょうどこの価格の中間ということになります。

値下げされるという印象はほぼありませんが、2019年に登場するiPhoneと同じスペックを持っている(A13チップ)ということで、「iPhone 8」から買い換えるなら丁度いい感じ。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー