動画ファイルの倉庫としてのクラウド、OneDriveを使ってみる

先日、GoProのサブスクリプションサービス「GoPro Plus」の特典として使える無制限のクラウドストレージを使ってみたところ、ファイルのアップロード速度がめちゃくちゃ遅いという現実を知り、この代わりになりそうな動画用のクラウドストレージサービスを検討していましたが、結局、MicrosoftのOneDriveを有料プランで使うことにしました。

決め手となったのは、まずはファイルのアップロード速度。

OneDrive1TB sbsc 04

GoProで撮影した動画をひとまずアップロードしておくという用途なので、とにかくスピーディーで、かつプレビューもできて、後からローカルにダウンロードすることができること。OneDriveはこれを全て満たしていました。

有料プランはOffice 365 Soloで、月額1,400円。
ストレージ容量は1TBです。

ストレージ容量と価格を考えると、単なる動画用ストレージとしてはやや割高ですが、初回登録時は1ヶ月の無料トライアルがあるので、一時的に使うのなら無料トライアルだけでも十分でしょう。

Microsoftなので安心感もありますしね。

OneDrive1TB sbsc 01OneDrive1TB sbsc 02

無料トライアル期間でキャンセルすれば、料金は発生しません。

ファイルの同期ではなく単にオンラインストレージとしての利用なので、あえて専用のアプリはインストールせずにブラウザから動画をアップロードしています。

ちなみにアップロードした元ファイルとOneDriveからダウンロードしたファイルのサイズは全く同じ。
なので、オリジナルのままダウンロードできているはず。

OneDrive1TB sbsc 03

アップロードしたファイルは、iPhoneやAndroid用のOneDriveアプリからも閲覧できます。

ただ、やっぱり1TBで1,400円はやや割高です。
OneDriveのストレージ容量だけなら100GBを月額170円で利用できて、それは割安なんですが・・・動画用に100GBはちょっと少ないし。

一方で、iCloudは2TBで月額1,300円、Google Drive(Google One)も同じで2TBを1,300円で使えます。ファイル倉庫として継続的に利用するのなら、これらの方が良さそうです。

Amazonのセールを利用してオンラインコードを格安購入できれば、OneDriveもかなり安く使うことができますが、使いたい時とセールの時期が合わなければ意味がないですしね。

 Microsoft Office 365 Solo オンラインコード

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited