2020年モデルのiPhone 12はiPhone 11と同じ価格帯になる?アナリストが予想

IPhone12 kakakutai

「iPhone 12」はそこまで高くならないかも?

2020年の秋に登場する「iPhone 12」は、iPhoneにとって初めて次世代高速通信5Gをサポートすると言われています。

ローエンドとハイエンドで複数のモデルが存在するという「iPhone 12」では、5Gをサポートするモデムのコストが4Gの場合と比べて30ドル〜100ドル程上昇するそうですが、アナリストのMing-chi Kuo氏によると、2019年モデルの「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」と価格帯はさほど変わらないと予想しています。

「iPhone 4」と似たデザインになると形容されている再設計されたシャーシやフレームは、単にデザインの刷新を図るためだけではなく、製造コストを削減する目的もあるようで、これらのパーツの製造コストを削減することで5Gサポートによって上昇する製造コストを相殺し、販売価格の上昇を抑えるといいます。

ローエンドモデルは「iPhone 11」と同じくらいの価格帯。
ハイエンドモデルは「iPhone 11 Pro」や「iPhone 11 Pro Max」と同じくらいの価格帯になるのでしょうか? 

参考までに「iPhone 11」の価格は、74,800円 / 79,800円 / 90,800円。
「iPhone 11 Pro」の価格は、106,800円 / 122,800円 / 144,800円。
「iPhone 11 Pro」の価格は、119,800円 / 135,800円 / 157,800円。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー