ミニLEDディスプレイ搭載の14インチMacBook Proが5月に登場?

13inch macbookpro 2020model rumor

「14インチMacBook Pro」は、5月に登場するという話が出ています。

この情報のソース元は、Jon ProsserのTwitter。
過去にApple製品の登場を的中させたことで知られています。

この春に登場すると噂されている「14インチMacBook Pro」は、シザー構造の新しいMagic Keyboardを搭載。さらにアナリストの予想レポートによると、ミニLEDディスプレイが初搭載されるという話もあります。

シザー構造のキーボードとスペックアップ、さらにディスプレイがミニLEDになるという「14インチMacBook Pro」。5月に登場するということは、無観客で開催が予定されている6月のWWDC 2020の前に登場するということでしょうか?

ミニLEDディスプレイの特長

  • 高コントラスト、高輝度
  • どの視野角から見ても同じ色彩
  • 画面が焼き付きにくい
  • ディスプレイ自体を薄く製造できる
  • 曲げられ、フレキシブルディスプレイとしても使える
  • 製造コストが高い

ミニLEDディスプレイが搭載されるという開発中のモデルは全部で6機種。2020年に登場するモデルとしては、「12.9インチ iPad Pro」「27インチ iMac Pro」「14.1インチ MacBook Pro」「iPad(第8世代)」「iPad mini(第6世代)」があるといいます。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited