GoProを暗所撮影に強くする!Protuneの設定で簡単にできた

GoProは暗所撮影がダメダメ。
特に、夜になると全く使い物になりません。

これをどうにかしたいというわけで、Protuneの設定をしてみました。

GoProHERO Protune 03

ビデオ設定にあるProtuneでは、ISO、シャッタースピード、ホワイトバランス、カラーバランスといった画質に関する詳細設定が行えます。

これまでは自動で使っていたのですが、暗所撮影用というか夜用として設定することにします。

ビデオ設定からProtuneを選択してオンにします。

ディスプレイに映る映像を参考にしてISOなどを設定していきます。

暗所撮影用には、ISO最小を上げるだけでいいでしょう。あまり上げすぎるとノイズが目立つので、バランスがちょっと難しいです。

GoProHERO Protune 01

自分が設定したのは、シャッター1/60、ISO最小3200、ホワイトバランス自動、ISO最大6400

これで夜間撮影を試した所、これまでよりもいい感じになりました。さすがに何も明かりがない場所は無理だけど、ヘッドライトや外灯、照明などの光源がある場所では、そこそこ使えます。

さらに、Protuneではマイク設定も行えます。
ここで風切り音対策もできます。

GoProHERO Protune 02

マイク設定は、自動、ウィンド、ステレオから設定できます。

通常は自動モードになっているので、風が強いとウィンドに切り替わり、それがおさまるとステレオに戻るという仕様のようです。風が強い日に内蔵マイクだと、風の音だけを拾ってしまい声が入らなかったり入ったりする現象は、この設定が自動だったからですね。

確実に自分の声を入れたいなら、ステレオに設定。

外部マイクで風切り音対策を行っている場合も同様に、ステレオ設定でいいでしょう。

Protuneはいつでも元に戻せる

ProtuneはいつでもON / OFFを切り替えられるので、日中はProtuneをOFFにしておいて夕方以降はProtuneをONにして撮影するという使い分けが可能です。また、設定はいつでもリセットできますので、とりあえず試しで設定してみて、うまくいかなかったらリセットすれば元に戻せます。

このProtuneを活用すれば、GoProの弱点の1つである暗所撮影も少しだけ改善できることがわかりました。

関連するエントリー

 今売れてます!Fire TV Stick

テレビのHDMI端子に接続してwifiにつなぐだけでPrime Video、YouTube、Hulu、Netflix、Apple TV、AbemaTV、DAZN、dTVなど、豊富な映画やビデオを大画面で楽しめる。