iPhone 12もノッチの大きさは変わらず、5.4インチのみ小さなTrueDepthカメラを搭載

IPhone12 display 01

4機種あるiPhone 12シリーズのうち、6.1インチモデルの物と思われるディスプレイユニットの写真がリークされました。

この写真で注目なのが、顔認証機能Face IDのために必要なTrueDepthカメラユニットとノッチの大きさです。

TrueDepthカメラはiPhone Xに搭載されてからiPhone XS、iPhone 11と、これまで3世代に渡って同じ大きさの物が搭載されていますが、今回のiPhone 12シリーズからやや小型化されるのでは?と噂になっていました。

しかし、どうやらこの写真を見る限り、ノッチの大きさは全く変わっていないようです。

iPhone 12シリーズのノッチが小さくなるという噂を裏付けていたのが、先日リークされた5.4インチ iPhone 12のディスプレイユニットの写真。

こちらがその写真なります↓

IPhone12 displayleak 01

画面とノッチの比率は変わらないものの、5.4インチという大きさからするとTrueDepthカメラユニット自体がやや小さくなっていると考えられ、これと同じTrueDepthカメラユニットが6.1インチや6.7インチにも搭載されるなら、画面に対してノッチが小さくなるという理屈でした。

IPhone12 notchsize 01

しかし、今回のリーク写真によって、この噂もちょっと怪しい感じになっています。

どちらの写真も本物だと仮定するなら、iPhone 12シリーズでは、5.4インチだけ小さなTrue Depthカメラが搭載されるということになります。もしそうなら、6.1インチや6.7インチと比べてフロントカメラの性能が劣るということも考えられますね。

iPhone 12の発売時期については生産が遅れているために2回に分けて行われ、6.1インチモデル2機種が10月に、5.4インチと6.7インチは12月になると言われています。

iPhone 12シリーズは4機種あるので、どれを買えばいいのか迷うところですが、オーソドックスにiPhone 11の後継モデルが欲しければ、10月に登場する6.1インチのどちらかを買うのがベストでしょう。旬という意味でも、やっぱり早く発売される方がいいですしね。

関連するエントリー

 格安スマホSIMのUQ Mobile

2,980円でデータ容量10GB、節約モード時でも1Mbpsの速度が出る「スマホプランR」が提供開始!