iPhone 12 miniで一部アプリがノッチ部分にめり込む表示崩れが発生する

IPhone12mini Notch UIUX 01

iPhone 12 miniを使っていると気づくのが、表示が怪しくなるアプリが結構あること。

ノッチの真下にメニューのあるアプリだと、表示崩れが発生するようです。

このおかげで、メニュー操作がめちゃくちゃやりにくくなったり、場合によってはメニューボタン自体がタップできなかったり。実用的にも少し支障が出る感じ。

NikeのSNKRSやd払いはこのパターン。

SNKRSをiPhone 11で表示したときは、こんな感じのレイアウト。

ノッチがあって、その下にちょっとマージンがあってメニューという配置。

IPhone12mini Notch UIUX 03

これが、iPhone 12 miniだとこうなります↓

IPhone12mini Notch UIUX 02

マージンが消えていて、メニューが上に配置されてしまっています。

こちらはまだ操作はできなくはないのですが、d払いに至っては、左端のメニューアイコンが完全に時間表示の部分にめり込んでいて、メニュー操作が一切できません。

ノッチ有りになって初めてとなるコンパクトサイズのiPhoneということで、こういう不具合もあるんですね。

関連するエントリー

 Amazonプライムビデオ無料30日間

月額500円でプライム会員になれば、会員特典対象の映画やドラマ、アニメ、Amazon Original 作品が見放題。見なくなったらいつでもキャンセルOK。