MagSafeレザーウォレットがポケットから落ちるか落ちないかはあなた次第です

Magsafe wallet

MagSafe対応iPhoneレザーウォレットを使うのは、ちょっと注意が必要!?

iPhone 12シリーズに内蔵されているMagSafeの磁石を利用したアクセサリとして、Apple純正品として発売されているMagSafe対応iPhoneレザーウォレット(6,800円)。

iPhone 12の背面に張り付けて使えるカードウォレットで、スキミング防止用のシールドが施されているのでクレジットカードや免許証を入れておくこともできます。iPhone 12とこのレザーウォレットがあれば、ほとんど財布は必要なくなります。

そんなレザーウォレットですが、実際に使う時の注意点が指摘されています。

レザーウォレットには強力なマグネットが内蔵されているので、iPhone 12とガッチリ張り付く!ので安心です。

しかし、それはあくまでオープンスペースでの話。

実際に使う時は多くの人がポケットに入れると思いますが、ポケットの構造や大きさによっては、iPhone 12とレザーウォレットが分離することが考えられます。

ポケットがタイトだったりすると、入れる時にiPhone 12とレザーウォレットが分離してレザーウォレットだけが外にポロリと落ちる・・・なんてことも。

iPhone 12シリーズではMagSafeが搭載されたことで、カードケース付きの保護ケースが使えなくなりました。その代わりとして登場したのが、こちらのMagSafeレザーウォレット。MagSafe充電をするときは取り外しておくことができるので、理にかなっているグッズではありますが、クレジットカードや免許証などの貴重品を入れておくにはちょっと信頼性に疑問があるのも事実です。

クレジットカードはApple Payに登録しておけばいいし、レザーウォレットに入れておくのはポイントカードなどの最悪落としてもいいカードにしておいた方がいいかもしれませんね。

関連するエントリー

 格安スマホSIMのUQ Mobile

2,980円でデータ容量10GB、節約モード時でも1Mbpsの速度が出る「スマホプランR」が提供開始!