M1Xは12コア/32GB RAM/16GB VRAMのスペック?ベンチマークサイトに掲載

Apple m1xchip spec

今年登場するAppleシリコンMacに搭載されるSoCの「M1Xチップ(仮称)」について、予想されるスペックがベンチマークサイトに掲載されています。

それによると、M1XというだけあってM1チップをベースにしていて、CPU部分はコア数が8→12に増加。新しく追加された4コアは“高性能コア”になると考えられています。

クロック周波数は3.20GHzのまま変わりませんが、高性能コアが4つ増えているということで、M1 Macと比べても処理能力の向上を体感できるでしょう。

また、GPU部分も大幅アップデートされています。

コア数はCPUと同じく8→12に増えていて、メモリ(VRAM)は8GB→16GBに増えています。

M1 Macのグラフィック処理能力は、悪くはないけどパワーがあるとは言い難いレベルでしたが、M1X Macではコア数とVRAMがかなり増えているので、4K動画の編集ならスムーズにこなせるくらいにはなっているでしょう。

また、VRAMが2倍になったことで、接続できるディスプレイが3台に増えているとも予想されています。

M1Xチップに内蔵されているRAMについては、LPDDR4Xのまま変わりませんが、こちらも16GB→32GBに増えています。

コア数やRAMが増えていることから消費電力についてもM1チップと比べアップしていて、TDPは15W→35Wと予想されています。パワーを考えるとまだまだ省電力ですが、M1 Macほど省電力ではありません。この辺りは使い分けできそうですね。(MacBook AirはM1、MacBook ProはM1Xという具合に)

M1Xチップはこうなる!?

  • CPU:8つの高性能コア / 4つの高効率コア
  • GPU:12コア / 16GB VRAM
  • クロック周波数:3.20GHz
  • RAM:32GB LPDDR4Xメモリ
  • TDP:35W / 45W

M1Xチップを搭載するMacとして噂されているのは、以下の3モデルです。

  • 14インチ MacBook Pro
  • 16インチ MacBook Pro
  • iMac

これらのモデルはAppleシリコン向けに設計された筐体を採用しており、スペック以外にも小型・薄型・軽量化・バッテリー容量の向上などが期待できます。

(これはベンチマークサイトのCPU Monkeyに掲載されているもので、実際のスペックとは異なる可能性があります。あくまで参考として御覧ください。)

関連するエントリー

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。