AirTagはAndroidでも読み取り可能、紛失時にメッセージを表示

Airtag lostmode androidokdesuka

AppleのスマートタグAirTagは、一定条件下でAndroidでも反応することがAppleの公式サポート文書により明らかになりました。

AirTagを使うには、iOSまたはmacOSの「探す」アプリへの登録が必要で、「探す」アプリまたはiCloudの「探す」を使って位置情報をトラッキングすることになります。実際にAirTagを探す時、U1チップ搭載のiPhone 11以降のモデルなら正確な位置までナビゲーションしてくれる機能もあります。

Androidではその様な機能は使えませんが、紛失モード時に限ってはAndroidでも反応するということです。

AndroidでAirTagを探すことはできませんが、紛失しているAirTagを見つけた場合は、AndroidでもAirTagを読み取って所有者へ連絡することができます。

仕組みは、AirTagに搭載されているNFCチップを読み取る事で、予め設定されたメッセージを表示させ、そこに記載されている連絡先に連絡できるというものです。

AirTagのNFCチップを読み取るのはiPhoneもAndroidも同じ。

AirTagの白い面を上にしてスマホを載せることで、NFCチップが読み取られてメッセージが表示されます。

関連するエントリー

 格安スマホSIMのUQ Mobile

くりこしプランMは2,480円(税込2,728円)でデータ容量15GB、余ったデータは翌月繰越、節約モード時でも1Mbpsの速度が出る!