Appleイベントが4/21に開催!Siriによる事前リークはマーケティング手法かな?

Appleevent 2021 420

Appleスペシャルイベントが4月21日(水)午前2時から開催されます。

今回、Appleからの正式発表が行われる少し前に、SiriによるリークとTwitterのハッシュフラッグ #ApppleEventによるリークから、イベントの開催日時が明らかになりました。

Twitterのハッシュフラッグによるイベントのリークは前回もありました。Appleは最近、リークという体をしたマーケティングの手法を用いるようになっています。ハッシュグラッグとは、ハッシュタグの横に独自のアイコンが表示される機能で、企業やイベントの告知に用いられます。そのハッシュフラッグのアイコンを拡大したものが、上の画像です。

ApplePencilで描いたようなAppleロゴは、今回のイベントのロゴマークになります。

もう1つ、今回はSiriによるリークもありました。

Siriに「Appleスペシャルイベント」と言うと、Appleのスペシャルイベントの開催日時について答えてくれるというもので、リークというよりも明らかに用意された答えなので、こちらもマーケティングの一部だと考えられます。

今後は、Appleスペシャルイベントの開催が近づいてくると、Siriの回答をチェックすることで、正式発表前に開催日時を知ることができるようになるかも!?

そんな今回のイベントで発表が噂されているデバイスは、新型iPad Pro、AirTags、新型iPad mini、新型iPad、AirPods 3など。その中で、ほぼ確定とされているのが、新型iPad ProとAirTagsです。

新型iPad Proは、Appleデバイスとしては初となるミニLEDディスプレイを搭載(12.9インチモデルのみ)、M1 Macと同等の処理能力を発揮するA14Xチップ、Thunderboltのサポート、5Gのサポートなどハイスペックのタブレットになると言われています。

AirTagsはボタン型のビーコンで、バッグなどに取り付ける事で探す(Find My)アプリで位置情報を把握することができるデバイスです。

関連するエントリー

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料で!