iPhone 13はノッチが小型化、カメラレンズが斜めに配置される

IPhone13 smallnotch 04

今年の9月に登場するiPhone 13については、以前よりノッチが小さくなるとされていますが、それを裏付ける証拠として保護ガラスパネルのサンプル品の写真や、3DCADデータから作られたという3DレンダリングCGがあります。

iPhone 13シリーズはiPhone 12の筐体をそのまま使用するとされており、基本的なデザインは変更されないと言われていました。しかし、フロント部分はノッチが小さくなり、リア部分はカメラユニットに変更が加えられていることが今回の画像で明らかになりました。

MySmartPriceに掲載された3Dレンダリング画像をチェックすると、まずフロントのノッチ部分は従来のものよりも短くなり、スピーカー穴はベゼルの真下ギリギリに配置されています。これは、ノッチを小さくするためにスピーカー穴を再配置した為です。

ここまでは以前から情報が出ていました。

さらに今回、明らかになったのがカメラユニットの変更点です。

MySmartPriceに掲載された画像をチェックすると一目瞭然↓

IPhone13 smallnotch 03

こちらはiPhone 13の3Dレンダリング画像ですが、カメラレンズの配置が変わっていることに気づいたでしょうか?

これを参考に、よりわかりやすく製品画像にしたものがこちら↓

IPhone13 smallnotch 02

iPhone 12のカメラ配置と比べると、iPhone 13のカメラユニットは広角レンズが右に移動してその跡にマイク穴が配置されています。カメラレンズは斜めに配置されることになります。

カメラレンズの配置が変更されるということは、カメラモジュールが変更されるということです。iPhone 13シリーズでは広角レンズではなく、超広角レンズの性能がアップすると伝えられているので、超広角レンズのモジュールのスペースの都合上、広角レンズの位置をずらしたのかもしれません。

ノッチが小さくなるメリットは何でしょうか?

小さくなったといってもノッチは存在しているし、UIもiPhone 13向けに変更されるとは考えづらいので、実際には、そんなに使い勝手が変わるという程のものではないでしょうけど、コントロールセンターを出しやすくなるステータスアイコンがあと1つ増やせる、といった小さなメリットなら幾つか考えられます。

関連するエントリー

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料で!