とある名前のWi-Fiに接続すると、iPhoneでWi-Fiが一切使えなくなるバグが発見される

Ios bug wifiSSIDcrash

iPhoneでWi-Fiにまつわるエグめのバグが発見されました。

すぐに修正アップデートがリリースされると思いますが、それまではちょっと注意した方がいいかもしれません。

そのバグとは、特定の文字列「%p%s%s%s%s%n.」で構成されたSSIDのWi-Fiに、iPhoneで接続しようとするとWi-Fiが一切使えなくなるというものです。Wi-Fiの設定がクラッシュしてしまいWi-FiのON / OFFもできなくなり、Wi-Fi自体が使えなくなってしまいます。さらには、iPhoneを再起動しても解消されません。

詳しい原因は不明ですが、「%p%s%s%s%s%n.」という文字列はコマンドで使われる文字を含んでいるため、iOSのWi-Fi機能にとっては“ダメ文字”にあたるようです。

Wi-FiのSSID(Wi-Fiネットワークの名前)は、ユーザーが任意に設定することができます。Wi-Fiルーターやスマホのテザリング機能などを使えば、誰でも簡単に設定できます。もし、SSIDが「%p%s%s%s%s%n.」のWi-Fiを発見しても、接続を試みないしないようにしてください。iPhoneでWi-Fiが使えなくなってしまいます。

もし、Wi-Fi設定がクラッシュしたら?

Wi-Fi設定がクラッシュしてWi-Fiが使えなくなった場合は、ネットワークの設定をリセットして対処できます。

  1. 設定 > 一般 > リセット
  2. ネットワーク設定をリセット

Ios bug wifiSSIDcrash 2

関連するエントリー

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料で!