待望のGP2チップ搭載!GoPro HERO 10 Blackがリーク、9からどう変わった?

GoPro HERO10Black 01
(image: WinFuture)

もはや秋の風物詩となっている、GoProの新型モデルの製品写真が今年もリークされました。

製品名は「HERO 10 Black」。
これまでのモデルとの大きな違いとして、SoCがGP1チップからGP2チップへと刷新されました。GP2チップの詳細は不明ですが、5.3K@60fps, 4K@120fpsでのビデオ撮影とHyperSmooth 4.0に対応しています。

GoPro HERO10Black 04
(image: WinFuture)

外観はHERO 9 Blackから大きく変わりません。

変更点としては、ロゴマークが青色になったのと、カメラレンズが一回り大きくなっています。

HERO 10 BlackとHERO 9 Blackの比較

GoPro HERO10Black 03
(image: WinFuture)

(左)HERO 10 Black(右)HERO 9 Black

製品写真とパッケージ写真がリークされたのみなので、詳細な本体サイズや重さはまだ分かりませんが、本体はHERO 9 Blackとほぼ同じ大きさに見えますね。

カメラレンズは一回り大きくなっています。

カメラのスペックは20MP→23MPへとアップグレードされています。暗所撮影はどうなるのか?GoProユーザーにとってはそこが一番気になるポイントですが、今回のリークでは明らかにされていません。

GoPro HERO10Black 02
(image: WinFuture)

電源ボタンやカードスロットなどの位置はHERO 9 Blackと共通。

マウンターや周辺機器もHERO 9 Blackと共通の物が使えます。

てことは、メディアモジュールもあのまま継続・・・ということになります。

HERO 9からHERO 10でアップグレードされた部分

  • SoC:GP1チップ→GP2チップ
  • カメラ:20MP→23MP
  • 5Kビデオ撮影:24fps→60fps
  • 4kビデオ撮影:60fps→120fps
  • 手ブレ補正:Hypersmooth 3.0→Hypersmooth 4.0

HERO 6 Blackから搭載されてきたGP1チップがGP2チップに変わった事で、よりパワフルなビデオ撮影が可能になっています。カメラも23MPにアップグレードされており、カメラレンズもやや大きくなっているように見えるので、これまでのGoProの弱点だった暗所撮影に強くなっている事にも期待できそうです。

関連するエントリー

 格安スマホSIMのUQ Mobile

くりこしプランMは2,480円(税込2,728円)でデータ容量15GB、余ったデータは翌月繰越、節約モード時でも1Mbpsの速度が出る!