iPhone 13のFace IDはマスクを装着したまま顔認証できる可能性

iPhone 13には指紋認証のTouch IDは搭載されず、これまで通り顔認証のFace IDでロックの解除を行う事がほぼ確定しています。期待されていた画面内Touch IDが非搭載ということで、がっかりされている方も多いと思いますが、AppleはFace IDの実用性を向上させるために、新しいFace IDのテストを行っている事がリーク情報として伝えられました。

IPhone13 faceid maskok
(image: FrontPageTech.com x RendersByIan)

写真は、リークされた情報をもとに作成されたレンダリングCGになります。

iPhone 12にケースのような装置が取り付けられており、この装置にはFace IDに使う為のTrueDepthカメラが搭載されていますが、従来のTrueDepthとはセンサーやカメラの配置が異なり、バージョンが違うことが分かります。

このセンサーやカメラの配置は、iPhone 13の3D CADデータやリークされた保護ガラスフィルムと一致しており、iPhone 13に搭載される予定の新しいTrueDepthカメラではないか?と推測されています。

そして、この新しいTrueDepthカメラは、マスクとメガネを装着して様々な状況(屋内や屋外)で正常に機能するかがテストされているということです。(従来のFace IDでは、マスクを装着していると顔認証できない)

テストはかなり現実的なケースまで想定されていて、メガネをかけたままマスクを付けるとメガネが曇りますが、そのメガネが曇った上にマスクを付けている状態でも正常に認証できるかどうか?までテストが行われているといいます。

以上の情報から、iPhone 13に搭載される新しいTrueDepthカメラは、マスクにも対応できる可能性が高いというわけです。

こうなると確かにTouch IDにこだわる理由もないので、先日伝えられた噂としてある、将来登場するiPhoneは画面内Touch IDではなく画面内Face IDを搭載する方向に進化するという話も真実味を帯びてきます。

関連するエントリー

dtv