ポータブルSSD WD My Passport SSDレビュー、Samsung T5との違いは?

WD PortableSSD 1TB 11

これまで使っていたSamsungのポータブルSSDが足りなくなってきたので、WesternDigitalのMy Passport SSD 1TBに買い替えました。

ファイル転送速度はSamsungのT5でも十分なのでT5の1TBでも良かったのですが、セールでちょい安くなっていたWDの1TBにしました。

  • My Passport SSD:USB3.2 Gen2、書き込み速度最大1,000MB/s、5年保証
  • Samsung T5 SSD:USB3.1 Gen2、書き込み速度最大540MB/s、3年保証

WDの方のスペックは、SamsungのT7と同じ。
T5とは1世代違うことになりますが、比べてみてどう変わったか?

本体の大きさはかなり違う

本体の大きさは、かなり違います。
T5の方がコンパクトですが、厚みはMy Passport SSDの方が薄型です。

コンパクトさと薄さのどちらを重視するかで評価は変わりますが、個人的には薄型の方が嬉しいかな。

WD PortableSSD 1TB 12

持ち運ぶなら薄型の方がいいでしょうね。

付属ケーブルがかなり短い

T5にはUSB-CケーブルとUSB-C to USB-Aケーブルの2本のケーブルが付属しましたが、My Passport SSDには短いUSB-Cケーブルが1本付属するのみ。USB-Aへの接続は、変換アダプターをかませることになります。

WD PortableSSD 1TB 13

まあこれはいいとして、問題はケーブルの長さ。

めちゃくちゃ短いんです。

WD PortableSSD 1TB 10

T5には30cmほどのケーブルが付属していますが、My Passport SSDに付属するケーブルは15cmほどしかありません。

接続する場所によっては、ポータブルSSDの取り回しに苦労する可能性があります。

本体がかなり発熱する

T5と比べてみて、最も大きな違いが発熱でした。

ファイル転送速度が約2倍になっているので発熱量もアップしているのは分かりますが、それにしても、この発熱量は製品寿命に影響を与えかねない気がして、ちょっと心配になるレベル。

例えるなら、T5はM1 Macくらい発熱しないのに対して、My Passport SSDはIntel Macくらい発熱します。NVMe SSDは発熱するものなので仕方ないということですが、ファイルを転送していない状態でもそれなりに暖かいですし、Macに常時接続して外部ストレージとして使うのなら、T5の方が向いていたかもしれません。

WD PortableSSD 1TB 09

本体が発熱するということは、それだけ放熱性があるということですが、設置場所はあまり熱がこもらないようにしないと製品寿命が短くなりそうです。これと同じファイル転送速度のT7では発熱に関する指摘は見当たらなかったので、温度管理に関してはWDよりSamsungの方が優れているようです。

外装の素材はT5と同じアルミニウムで手触りは良いのですが、WDのロゴ部分は削り出しになっていてザラザラします。こんなのレーザー刻印でいいのにね。

というわけで、ポータブルSSDの本体に関しては全体的にSamsungのT5 / T7の方がクオリティが高いと感じましたが、中身はどうでしょうか?

Macで暗号化をセットアップする

My Passport SSDはexFATでフォーマットされていて、MacとWinの両方で読み込めるようになっています。

ハードウェア暗号化を使うにはWD専用のストレージ管理アプリをインストールしないといけませんが、そういうのは面倒(専用アプリをインストールしていないと使えない)なので、macOSの暗号化を使うことにします。Macでしか使わないのならそれで十分。

WD PortableSSD 1TB 01

ディスクユーティリティを起動。

WD PortableSSD 1TB 03

メニューから消去を選択。(ドライブを間違えないように)

名前をわかりやすいものに変更して、フォーマットを選択します。

WD PortableSSD 1TB 04

APFS(暗号化)にしました。
これでドライブ全体が暗号化されるので、ちょっと安心です。

ただ、APFSフォーマットはWindowsだけでは読み取れないので、共存環境の方はexFATのままが良いでしょう。

WD PortableSSD 1TB 05

フォーマットはすぐに終わります。

WD PortableSSD 1TB 06

暗号化すると、接続する度にパスワードを入力しないとマウントされません。

ファイル転送速度はT5の2倍以上速い

セットアップが完了したのでSSDスピードテストをしてみました。

その結果、カタログ値ではファイル転送速度に2倍の差がありますが、実測値でも同じくらいの差が生まれました。

(スピードテストは、どちらもM1 Mac miniに接続して行っています)

Samsung T5 500GB

WD PortableSSD 1TB 08

My Passport SSD 1TB

WD PortableSSD 1TB 07

  • Samsung T5 500GB:380MB/s前後
  • My Passport SSD 1TB:800MB/s前後

これだけ速度差があれば、トレードオフとして発熱も納得できるかな?

単に、速くてコンパクトな外部ストレージとして使うのならT5で必要十分だし、動画編集などに使うのなら、ファイル転送速度の速いWDかT7が良いということですね。

ウエスタンデジタル WD ポータブルSSD 1TB レッド 【PS5 メーカー動作確認済】 USB3.2 Gen2 My Passport SSD 最大読取り1050 MB/秒 外付けSSD /5年保証 WDBAGF0010BRD-WESN

  WD ポータブルSSD 1TB

Samsung 外付けSSD T5 1TB USB3.1 Gen2対応 【PlayStation4 動作確認済】 正規代理店保証品 MU-PA1T0B/IT

 Samsung 外付けSSD T5 1TB

ポータブルSSDはそれなりに価格のする製品ですので、購入前にはよく吟味されてから決断されることを強くオススメします。

関連するエントリー

 今売れてます!Fire TV Stick

テレビのHDMI端子に接続してWi-FiにつなぐだけでPrime Video、YouTube、Hulu、Netflix、Apple TV、AbemaTV、DAZN、dTVなど、豊富な映画やビデオを大画面で楽しめる。