2023年登場のiPhone 15にUSB-C搭載で、AirPodsなどもUSB-C化へ

Iphone15 usb cport support

2023年の秋に登場するiPhone 15より、入出力ポートとしてUSB-Cが搭載されるという情報がほぼ確定的として伝えられています。

この情報の初出は、先日、Ming-Chi Kuoさんがツイートで伝えた情報になります。その後、投稿されたBloombergの記事では、AppleがiPhoneにUSB-Cを搭載するテストを数ヶ月前から行っていた事が伝えられました。

  • iPhoneへUSB-Cを搭載するテストが実施されている
  • USB-Cが搭載されるのは、早くても2023年モデルのiPhone 15から
  • 今年9月に登場するiPhone 14は、Lightningのまま(Proのみ、USB 2.0→USB 3.0に高速化される可能性)

iPhoneのポートレスモデル化は先送りへ

2021年に伝えられていた噂には、今後のiPhoneはLightningからポートレスモデルへと移行するという情報がありました。USB-Cへは移行せずに、入出力ポートが一切存在しないポートレスモデルに変わるというもので、データの送受信はワイヤレスで行い、デバイスへの充電はMagSafeを使うという計画でしたが、Ming-Chi Kuoさんの最新ツイートによると、ポートレスモデルiPhoneは開発中ではあるものの、技術的な問題があるため、すぐにリリースされる可能性は低いということです。

USBのファイル転送速度

  • USB 2.0:480Mbps
  • USB 3.0:5Gbps
  • USB 3.1 Gen2:10Gbps
  • USB 3.2:20Gbps

Lightning→USB-Cに変わることで、ファイル転送速度がかなり高速化されます。ケーブルもUSB-CさえあればOKになり、充電時の汎用性とファイル転送速度の向上が期待できます。

Usb c cable 2023

Lightningポート搭載アクセサリもUSB-Cへ

LightningからUSB-Cへの移行に伴い、Apple純正アクセサリもUSB-Cタイプが登場するとされています。といっても、これらのアクセサリは、ほぼ充電用のポートとしてLightningを搭載しているだけなので、それほど大きな変更点ではありません。

  • AirPodsシリーズ
  • Magic Keyboard
  • Magic Trackpad
  • Magic Mouse
  • MagSafeバッテリーパック

USB-C製品は信頼できるメーカー品を

2023年秋にUSB-Cへの移行が判明した今、これからLightningアクセサリを新規購入する人は減少していき、Lightning用のアクセサリの価値は徐々に落ちていくと思われます。

逆に、USB-Cアクセサリは今よりもさらに盛り上がりそうですが、USB-Cは端子の形状がUSB-Cでも、規格がUSB 2.0だったりUSB 3.1 Gen1だったりUSB 3.1 Gen2だったり、最大電流が3Aだったり5Aだったりと混在しているので、USB-Cのケーブルやハブ選びは、安いからといって謎メーカー品にするのではなく、信頼できるメーカー品を選ぶことをおすすめします。

関連するエントリー

 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI

1GBまで0円、3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、20GBからは無制限で3,278円の神プラン!楽天回線エリアならデータ通信使い放題、電話かけ放題。楽天回線エリアもかなり拡大してきたので、まずはチェックしてみよう。