2023年登場のiPhone 15からUSB-Cを搭載、Lightningからの移行に期待

Iphone15 usb cport support

iPhoneの入出力ポートがLightningからUSB-Cへ移行するのは、2023年9月に登場するiPhone 15からになるだろうと、アナリストのMing-Chi Kuoさんが伝えています。

今回の情報の通りなら、今年9月に登場予定のiPhone 14シリーズは、Lightningポートを搭載することになり、来年の9月に登場するiPhone 15シリーズでやっとUSB-Cポートを搭載することになります。

iPadでは、2018年に登場したiPad ProよりUSB-Cへの移行が進んでいて、現行のiPadシリーズでLightningポートを搭載しているのは、10.2インチiPadのみとなっています。Macは早くよりUSB-C / Thunderboltポートの搭載が進み、今では全モデルがUSB-C / Thunderboltポートを搭載しています。

未だにLightningからUSB-Cへの移行が一切行われていないのは、iPhoneだけ。

iPhoneにUSB-Cポートが搭載されると、iPadのようにポータブルSSDやUSB-Cハブなどの周辺機器を接続できるようになり、利便性が向上します。iOSがどれだけUSB-C接続の周辺機器をサポートするかに左右されますが、iPadOSと同等であれば、数多くのUSB-C周辺機器の接続に期待できるでしょう。

充電やファイル転送にUSB-Cケーブルをそのまま使えるので、Lighrtningケーブルを用意する必要もなくなります。

また、iPhoneにUSB-Cポートが搭載されることにより、USB-CケーブルやUSB-Cハブといった周辺機器の需要が一時的に高まることが予想されます。

関連するエントリー

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料でお試し。