iOS 18の新機能:アプリアイコンを長押しタップでFace IDロックやウィジェット配置

当サイトの記事には広告が含まれます。

IOS18 FaceID AppLock 3

iOS 18ベータ版による新機能チェック!

ホーム画面のアプリアイコンを長押しタップすると、様々なメニューが出てきますが、iOS 18では新しくアプリのセキュリティロックができるようになっています。

  • アプリアイコン長押しタップ
  • Require Face ID(Face IDが必要)を選択

IOS18 FaceID AppLock 1

Face ID対応のiPhoneでは、Face IDで認証していないとアプリを起動したりSiriで使うことができなくなります。通知のプレビューやSpotlightの検索結果にもコンテンツが表示されなくなるので、アプリの中のデータを第三者に見られたくない場合にも使えそうな機能となります。

IOS18 FaceID AppLock 2

元に戻すには、再び長押しタップから「Don't Require Face ID(Face IDは不要)」を選びます。

このアプリロックの機能はセキュリティやプライバシー保護の他にも、ペアレンタルコントロールの一環として使うこともできます。例えば、子供に使わせたくないアプリはこれでロックしておけば、ペアレンタルコントロールがより簡単かつ効果的に行えます。

IOS18 New HomeScreen 2

もう1つ、長押しタップのメニューで変更点があります。

長押しタップのメニューはアプリによって機能が異なりますが、ウィジェットに対応しているアプリではウィジェットモードへの変更ができます。

IOS18 New HomeScreen 1

画面の小さいiPhoneではアプリウィジェットはあまり使用頻度が高くありませんが、アプリによってはウィジェットも効果的だったりしますね。

画面の大きなiPadでは、アプリウィジェットを上手く配置すればさらに便利となります。

関連するエントリー

PR

 Kindle Unlimitedで電子書籍読み放題

12万冊以上の電子書籍がアプリやブラウザから読み放題になるサービス。マンガや雑誌も読めるので、気分に合わせた読書が自由にできます。まさに読書好きにとって最高のサービス。今すぐ無料体験を始めてみましょう。